schit Ltd. 株式会社スキット
Google
WWWを検索www.schit.co.jpを検索
 

地域情報化が私たちの使命です。

 

キャビネット

現在公開されているキャビネットはありません。
トップページ
トピックス・ニュース
商品・サービス
自治体向けサービス
学校・教育機関向けサービス
民間・その他サービス
会社概要
ビジョン
社長あいさつ
事業内容
自治体・官公庁
学校・教育機関
民間・その他
会社概要
沿革
業務経歴
マップ
社会貢献(活動)CSR
メディア掲載情報
一般社団法人 情報の森
 

社長ブログ 義治Blog
スタッフブログ

なべちゃんの「マイ3Dプリンターへの道」
しんぺいの3Dプリンターへの道2
SchIT
 

トップページ > 社長ブログ「義治 Blog」

義治Blog

 ユーキャン改め、スキットの社長、
 山田 義治のブログです。
 
義治Blog >> 記事詳細

2012/11/19

(GB)まけないゾウ・・・

Tweet ThisSend to Facebook | by 山田 義治
10月28日(日)に、今年から理事を仰せつかったNPOとちぎボランティアネットワーク
(Vネット)で「支援者の集い」なる催しへの参加要請があり、出席しました。
Vネットのスタッフブログに記載されているように、「今回は、まけないぞうを作っていら
っしゃる福島県在住の女性3人の方にスペシャルゲストとして来ていただき、震災の発
生した時の話や「まけないぞう」との出会い、「まだ被災地でこのような問題があります」
というようなことを福島県沿岸部の最新映像を見ながら話していただきました」、という
内容でした。

福島県在住のおばあちゃんたちの話は、原発のすぐ近くにある自宅にはいつ戻れるか
の見通しもなく、幾つかの避難施設を転々とせざるを得なかった一年半余。
震災前の野菜作りや孫たちと過ごす日常から、「まけないぞう」を作っている手作業の時
しか気を紛らす術のない震災後の非日常の日々。
予期せぬ話の流れを受け止めるだけで精一杯でした。

ところで、ユーキャンも、被災によるダメージがボディブローのように今頃なって効いてき
ました。まさに、ボディブローは外からも本人も気がつかないようでも、足に来て、やがて
下腹に力が入らなくなって、しゃがみ込むしかなくなります。
だから、なにより早めの手当てが大切だと、皆で事業回復に向けて走り回っています。

おばあちゃんたちにも、ボディブローの連打のような日々から脱して、手作業をしながら
新しい仲間や生きがいに出会う「手当て」を続けることが、これから最も大切なことなの
だと思います。

おばあちゃんたちとの心の中でのエール交換を続ける誓いとして、何よりもユーキャンが
「まけないぞ!」という思いを持ち続けるために、1か月10個の「まけないぞう」をプロジェ
クトが続く限り買って皆さんにお配りすることにしました。

NPOとちぎボランティアネットワーク(Vネット)
まけないぞうプロジェクト
http://www.tochigivnet.com/まけないぞう-復興支援タオル/
15:54 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

Copyright(C) 株式会社スキット All Right Reserved.