schit Ltd. 株式会社スキット
Google
WWWを検索www.schit.co.jpを検索
 

地域情報化が私たちの使命です。

 

キャビネット

現在公開されているキャビネットはありません。
トップページ
トピックス・ニュース
商品・サービス
自治体向けサービス
学校・教育機関向けサービス
民間・その他サービス
会社概要
ビジョン
社長あいさつ
事業内容
自治体・官公庁
学校・教育機関
民間・その他
会社概要
沿革
業務経歴
マップ
社会貢献(活動)CSR
メディア掲載情報
一般社団法人 情報の森
 

社長ブログ 義治Blog
スタッフブログ

なべちゃんの「マイ3Dプリンターへの道」
しんぺいの3Dプリンターへの道2
SchIT
 

トップページ > なべちゃんの「マイ3Dプリンターへの道」

なべちゃんの「マイ3Dプリンターへの道」

 ユーキャン総務で日々頑張っている、
 なべちゃんの
 「マイ3Dプリンターへの道」
 ブログ始めました 絵文字:笑顔
 良かったら「投票する」ボタンをクリック
 して下さい。mm
 

2016/03/29

(なべブロ)【マイ3Dプリンター55号その2】最終回。

| by なべちゃん

11か月をかけまして、製作して参りました3Dプリンター。

今回が最終回となります。
いやいや、感慨深いものがありますな。

・・・が、いつもと何ら変わらず進めます絵文字:笑顔()

 

2016.3.18()

55号で提供されたアクリル板(造形テーブルだそうです)の両面に貼られていた保護紙を剥がし、応募者全員プレゼントでいただいていた「ビルドタック」を貼ります。

ビルドタックは造形の際にフィラメントの定着をよくするシートなんですって。

・・・へぇー。としか絵文字:うーん 苦笑()

ビルドタックの左右の中央を端から5㎜位の位置で挟みます。

ここでノズルと造形テーブルとの隙間の調整をしていきます。

隙間が空きすぎていると、ノズルから出たフィラメントが造形テーブルに貼り付かず、詰まり過ぎているとノズルの先端にフィラメントが詰まったり、テーブルを傷つけてしまうのだそうで。

微調整を何度も繰り返し、四隅でノズルと造形テーブルとの隙間を測ったりしながら適性隙間になるようにしました。

一行でさらりと説明していますが、この工程だけで約10分時間がかかっています。

適性隙間は「名刺を動かすと少し抵抗があるが、スルスル動く位の隙間」だそうです。

・・・微妙すぎる()




48号と54号で提供されていた底面カバーを用意し、ナットをはめ込みます。


後ろ側のパネルから置きます。


ドライバーで固定。


手前も固定完了。


こちらも応募者全員プレゼントのフィラメントをスプールホルダーに掛けます。

エクストルーダー底面の丸い穴から上方向に5㎝程度出るまでフィラメントを差し込みます。

54号で「何かのチューブ」と紹介していたのは「フィラメントガイドチューブ」というそうで、そのフィラメントガイドチューブにフィラメントを通し、そのままチューブ継手に差し込みます。

ここでしっかりと差し込むとチューブが抜けなくなるそうです。

エクストルーダーの底面からフィラメントを送り出し、ガイドチューブの先から10㎝くらい出します。

テーブルを下げ、ホットエンドを200にして加熱します。

昇温を確認したら、ガイドチューブから飛び出しているフィラメントを、ヘッドのチューブ継手に差し込みます。

フィラメントが溶けて、ノズルから出てきました。

この時の感激といったら、もう()

ガイドチューブもヘッドのチューブ継手に差し込みます。

いよいよidbox!で出力開始。

初プリントはタブレットケースです。

TabletCase_idbox」を開き、印刷実行を押します。

動いた動いた♪

なかなかのスピードです。

でもね、次の日にすればよかったのに、印刷開始時間が遅かった・・・絵文字:絶望

毎度のことながら、読みが浅いのです絵文字:泣く

残り時間を見て驚愕!

実はこの日、予定があったのです。

見かねたスーパーSくん、仕事をしながら見ていてくれると申し出てくれまして。

遠慮もせずお言葉に甘えることにしてしまいました(笑)。

本当にありがとうSくん。

約束通り、Sくんが大好きなラーメン食べに行きましょう!

好きなもの奢らせていただきます()

・・・きっとこのブログは読んでいないと思いますが()


タブレットケース完成!

注:この写真はSくん撮影です()

 

 

そして、

絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ3Dプリンター完成絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ

 

 

何の知識もないわたしが、訳も分からないまま進めてきた3Dプリンター製作。

モーターが回った

ヘッドが指示通り動き始めた

フィラメントが抽出された

その度に嬉しくて歓声上げて感激して・・・。

ある意味とても忙しい55号製作でした()

 

こうして無事に完成できたのも、あたたかく見守ってくださった皆さんのお蔭です絵文字:笑顔

本当はひとりずつ完成のご報告とお礼を申し上げて回りたいのですが・・・この場をお借りしまして。

 

(心を込めて)ありがとうございました。

 

完成したぜっ

イエーイ絵文字:笑顔

()

本当にありがとうございました!!




18:14 | 投票する | 投票数(17) | 作業^^;

Copyright(C) 株式会社スキット All Right Reserved.