schit Ltd. 株式会社スキット
Google
WWWを検索www.schit.co.jpを検索
 

地域情報化が私たちの使命です。

 

トップページ > 商品・サービス > 民間・その他サービス > 業務改善・業務改革・生産性向上・業務可視化セミナーご案内

企業の生産向上アプローチセミナー・業務改善



業務改善・業務改革・業務可視化・生産性向上を進めるあなたに
新しいアプローチ方法をご紹介
コンサルタントも絶賛の「実践できる具体的手法」

経営者・管理者・管理部門の方
必見のセミナー
コンサルタント、ITコーディネータ、ITベンダの方にもおすすめです

-これまで困難だった、ホワイトカラーの業務改革・改善にも対応-


ホワイトカラー(研究・企画・開発、営業、事務、サービス等々)の業務は・・・
■原因が分からず、思うように改善が進まない
■原因は分かっていても、簡単には解決できない


  ●売上が増えても、業務コストが掛かり利益が上がらない
  ●受注は減っているのに残業が減らない。増員しても残業が減らない
  ●新しい事、本来やるべき事に注力したいが、社員がいつも日々の業務で手一杯
  ●高額なITシステムを導入したのに、逆に業務コストが増えた
  ●改善に取り組んでいるのに効果がでない。継続できない

そんな問題を解決する新しいアプローチ方法をご紹介
業務改善・生産性向上・業務見える化・セミナーご案内

こんなことで
お悩みの あなた におすすめのセミナーです!
 ●問題・課題は見えている。どう現場に受入れさせるかが最大の課題
 ●業務の可視化が重要なのは分かるが、それだけで膨大な負荷がかかる
 ●現場の課題は山積み。どこから手を付けて良いかわからない
 ●改善の必要性は感じているが、日々の業務で手一杯
 ●他のセミナーを受講した。理論は分かるが習得して実際に進めるのは困難

当セミナーを受講するとこんな事が分かります!
 ●理論だけでなくシンプルで実践できるアプローチとは
 ●関係者・現場の納得感が得られるアプローチとは
 ●最小限の負荷・コストでスピーディーに効果を出すためのアプローチとは
 ●業務可視化を管理・分析で終わらせず、実際に効果を出すためのアプローチとは
 ●一過性では無く、継続するためのアプローチとは




お申込み・お問合せフォームへ


 当セミナーでご紹介する手法は、多くの事例と理論に基づき体系化されたものですが、理論や方法論だけではなく、実践するための具体的な方法を解説します。

当セミナーでお話しするポイントをご紹介
1.ホワイトカラーの生産性向上は難しい?
 ・製造業の労働生産性は高いのに、なぜ全産業では低いのか?
 ・生産性向上を困難にする経営環境
 ・生産性向上の進め方のトレンドは?

2.見えないことには始まらない
 ・まずは業務の健康診断(業務可視化の第1段階)
 ・健康診断で見えるもの(最小限の情報でもこれだけ多くの事が見える!)
 ・悪そうなところは精密検査(業務可視化の第2段階)

3.業務の可視化の具体的な進め方
 ・失敗しないための5つのポイント
 ・成功するためのプロジェクト体制
 ・現場のモチベーションを下げない進め方とは
 ・現場の負荷を最小限にスピーディーに可視化する「高速業務見える化手法」
 ・業務にも財務会計の様な手法があったら
 ・根本的な課題・原因を効果的・効率的に見つける方法

4.業務改善の進め方を具体的な事例でご紹介
 ・トップダウンとボトムアップのいいとこどりの「ハイブリットアプローチ」
 ・可視化の結果を効果的に改善に結びつけるための方法
 ・QCストーリーによる改善手法
 ・現場のモチベーションを維持しつつ効果を出すためのポイント




実際の成功事例を詳細にご紹介!

(事例:自社ITサポート業務)



生産性向上アプローチ 講師 野田和巳

 は、このアプローチ法を初めて聞いた時、「こんな単純なことで本当に成果が上がるの?」と信じられませんでした。
 当社では過去にいくつかの生産性向上のための手法を試し、大手コンサルタント会社の指導も受けました。どの手法も素晴らしい理論でしたが、実際に行ってみると、「習得するのが難しい」「準備に手間と時間が掛かる」「現場の負担が大きい」等、日々の業務に追われる現場に導入するには無理があり、諦めかけていました。
 そんな時、このアプローチ法と出会い、初めは半信半疑でしたが実践してみると、現場の負担も少なく短期間で実施でき、何よりも推進責任者である私は勿論ですが、現場の納得感も高く、一丸となって生産性の向上に取組むことができたのです。もちろん結果は、予想以上の成果を得ることができました。
 皆様にもぜひ、この生産性向上アプローチ法を知っていただきたく、セミナーでご紹介できる事を楽しみにしております。どうぞ、経営者の方、管理者の方お誘い合わせの上ご参加ください。



受講者の方の声

・経営者、管理者、現場が定量的に現状を共有する事の重要性が分かりました。
・具体的な業務改善の事例紹介もありとても参考になりました。
・最短一日で業務を可視化できる手法は驚きでした。
・実際に試してみたいと思います。
・お客様に紹介したい。(ITベンダ様)
・上級編があったら受講したい。
・正に目から鱗でした。
・大変、興味深い考え方です。
・難しい理論では無く、具体的で実践できそうです。




◆開催スケジュール
 (東京会場)
   
開催場所
開催日
受付開始
開催時間
東京・新橋
20157月23日(木) 終了しました。
14:15
14:30~17:00
東京・新橋
2015年8月28日(金) 終了しました。
14:15
14:30~17:00
東京・新橋
2015年9月16日(水) 終了しました。
14:15
14:30~17:00
東京・新橋
2015年11月10日(火) 終了しました。
13:15
13:30~16:00
東京・新橋
2015年12月2日(水) 終了しました。
13:15
13:30~16:00
東京・新橋
2015年12月15日(火) 終了しました。
14:15
14:30~17:00
東京・新橋
2016年1月26日(火) 終了しました。
14:15
14:30~17:00
東京・新橋
2016年2月9日(火)終了しました。
14:15
14:30~17:00
(宇都宮会場)   
開催場所
開催日
受付開始
開催時間
宇都宮
2015年729日(水) 終了しました。
14:15
14:30~17:00
都宮
20158月18日(火 終了しました。
14:15
14:30~17:00
宇都宮
2015年9月  4日(金) 終了しました。 
14:15
14:30~17:00
宇都宮
2015年9月17日(木) 終了しました。
14:15
14:30~17:00
宇都宮
2015年12月8日(火) 終了しました。
14:15
14:30~17:00

記載以外の開催日程につきましては、当サイトにて順次ご案内申し上げます。
※メールフォームよりお問合せ頂ければ、確定次第メールにてご案内致します。

◆会 場

  東京・新橋会場
           東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F
     katanaオフィス-汐留オフィス(会議室)
       
アクセス情報は→こちら
  宇都宮会場
   
栃木県宇都宮市清住2-5-10
   株式会社ユーキャン(小会議室)
   
アクセス情報は→こちら

 
◆受講料
 3,000円(税込) ※会場でお預かり致します。



セミナーのパンフレットをダウンロード頂けます。
  
「企業の生産性向上アプローチ」セミナー パンフレット


ページトップへ
お問合せ・お申込みは以下のメールフォームをご利用ください。


 
■セミナーお申込み・お問合せフォーム
以下の項目を入力して[決定]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
ご用件または受講ご希望のコースをお選びください。 
*
*
*
*
*
(確認用)
*
*
*
よろしければ、当セミナーをお知りなられたきっかけをご選択ください。
当セミナーをどなたかにご紹介された場合は、よろしければ、ご紹介機関、ご紹介者名等をご記入ください。

------   ご入力頂く情報について  -----  ご入力頂くお客様の個人情報は、当セミナーの開催にあたりお客様への対応をする上で必要なものですご入力頂いた個人情報につきましては、セミナー講師および協賛各社へ提供する場合があります。また、今後の各種イベント、セミナーのご案内や当社からの製品情報のご案内に利用させて頂くことがあります。ご案内が不要なお客様は、当社にご連絡をいただければ電子メール、DMなどの送信・発送中止致します。

当社では、ご入力頂いた情報を当社個人情報保護方針に則り適切に管理し、お客様の承諾なく上記以外の第三者に開示・提供することはありません。


ページトップへ
 

当ページについてのお問合せ先


株式会社スキット 民間担当:野田
TEL:0800-800-4956(通話無料)
E-Mail:上記のお問合せフォームをご利用ください。

 
※セミナーでは、専門用語はできるだけ少なめに、解説・事例を交えながらお話致しますので、お気軽にご参加頂けます。

強い組織、勝てる企業にするためには、社長、従業員、マネージャー、リーダーが想いをひとつにして、組織を一体化させる事が必要不可欠です。
しかし、企業活動の根幹となる“業務”は、顧客ニーズの多様化や競争の激化により益々複雑になる一方です。これに加え、その業務を行う社員・従業員は、終身雇用の崩壊により中途採用が多くなり、異なるバックグラウドと様々な価値観を持った人々から組織されます。
この様な状態は、認識の相違から誤解や齟齬が生じやすく、時にはコミュニケーションの問題からトラブルを発生させ、モチベーションを低下させ、これを放置する事は組織の弱体化に繋がります。

これを回避するためには、まず業務と人の関係を定量的に「見える化(可視化)」するとともに「見せる化(組織で共有)」する事で業務コミュニケーションを円滑にする必要があります。これにより、組織の団結力を強化し大きな生産性を生み出す事が可能になります。

この「業務と人の関係を定量的に可視化して共有」する事が、「業務見える化・見せる化」なのです。

これは、企業の生産性向上、業務改善はもとより、業務と人が関係する多くの事に非常に有効です。
費用対効果が高い業務改善/失敗しないITシステム導入/ワークライフ・バランスの改善/有効なBCP(事業継続計画)・ISMS(情報セキュリティ)・PMS(個人情報保護)対策/適切な人員配置/効果的な業務のアウトソーシング/リーダーの現場マネジメント力強化 等々に大きな効果が得られます!

また、競争力・差別化の源泉として最も重要である自社のコアコンピタンス、ケイパビリティを抽象的に認識するのではなく、業務と人のレベルまで落とし込む事で、真の組織の強み、弱みが見えてきます。そして、それを「活かすため」「強化するため」「補うため」には、「具体的に何に力を入れるべきか」「何を捨てるべきか」「何を改善すべきか」「何にどれだけ投資すべきか」等の判断を適切かつ容易にします。
これは近年注目されている、リソース・ベースド・ビュー(資源ベース、経営資源中心、内部資源・内部環境)型の経営戦略策定、知的資産経営に際しても非常に有効です。

しかし、業務の見える化は、時間をかけると業務の状況が変化し、その結果は陳腐化します。また、手間を掛ければ掛ける程、経営資源を無駄に消費し、その後の肝心の目的達成を妨げます。

当セミナーでご紹介する「生産性向上アプローチ」「業務見える化・業務改善」手法は、これらの問題を克服するための新しい考え方ですが、決して難しい理論ではありません。現場の最小限の手間で、短期間にスピーディーに業務を見える化・見せる化する事ができるため、生産性向上、業務改善等に際して強力な武器になります。
また、これまでは可視化が難しかった、ホワイトカラーの業務の見える化にも大変有効です。逆に、見える化が難しい分野こそ、効果を発揮します。
組織の持つ内部資源の価値を最大化し、自社を勝てる組織されたい、社長・経営幹部の方、あなたのご参加をお待ちしております!
 

Copyright(C) 株式会社スキット All Right Reserved.